FC2ブログ
03< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>05

公設取引所くりっく365の新取扱い通貨のチャートやレートなどを徹底分析しています。

トルコリラと南アランド新くりっく365攻略ブログ

 このページの記事一覧 
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼元FX業者、現役デイトレーダーZEROのデイトレブログではドル円5分チャートを中心にFXで生計を立てるためのテクニック、相場観を解説しています↓
→FXデイトレーダーZEROのデイトレブログ
FXデイトレーダーZEROのデイトレブログ
▼無料メールマガジン「FXデイトレーダーZERO のデイトレテクニック!」でもブログでは非公開のFX情報を配信しています(メールマガジン30000誌まぐまぐから配信しています)
メルマガ登録・解除 ID: 0000274742
FX デイトレーダー ZERO のデイトレテクニック!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
Posted on --:--:-- «Edit»
  tb: --    com: --
こんにちは、今日は年間ボラティリティからみるトルコリラ円相場の予想と買い場を探っていきたいと思います。まずはトルコリラ円の年間高値-安値-変動率を↓

2003 86.19 68.25 24.99
2004 85.21 70.97 18.72
2005 89.59 74.10 20.25
2006 90.40 65.76 28.24
2007 99.68 78.39 25.34
2008 95.35 73.88 21.47

今後も年間のボラティリティが20%を超えるのであれば、再度80円割れが実現することになります。ここからもトルコリラ円の買い場は70円台と言えそうです。

スポンサーサイト

▼元FX業者、現役デイトレーダーZEROのデイトレブログではドル円5分チャートを中心にFXで生計を立てるためのテクニック、相場観を解説しています↓
→FXデイトレーダーZEROのデイトレブログ
FXデイトレーダーZEROのデイトレブログ
▼無料メールマガジン「FXデイトレーダーZERO のデイトレテクニック!」でもブログでは非公開のFX情報を配信しています(メールマガジン30000誌まぐまぐから配信しています)
メルマガ登録・解除 ID: 0000274742
FX デイトレーダー ZERO のデイトレテクニック!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
     テーマ:FX(外国為替証拠金取引)      ジャンル:株式・投資・マネー
Posted on 16:16:23 «Edit»
  tb: --    com: (2)
 
とても参考になりました。

トルコリラの買い場はやはり70円台ですね。
しかし85円くらいになると値ごろ感でつい買いたくなりそうです。
70円台まで我慢ですかね。

今のところ83円以下なら少しづつ買い増しと思っています。
レバレッジは3倍以下。

75円以下になったらかなり買いに行くつもりです。
レバレッジ少し高め。

60円台はいつごろ来ますかね。
2009年に来てくれればうれしいですね。

夏前の週刊ダイヤモンドに主要国の政策金利をまとめた記事があったので参考までに。

●週刊ダイヤモンド

これだけ世界的にインフレが猛威を振るっているのだから、
政策金利だけに目がくらんだら大変なことになる。

これによれば、新興国は実質金利がマイナスに転じている国が多い。

顕著な例はベトナム。
インフレ率が26.8%とすさまじく、政策金利が13.00%では実質金利は13.8%ものマイナス。
これではGDPも前年比7.4%しか伸びず、為替も米ドルに対して5%以上下落している。
年初から株価は一時60%以上も下落しており、あきらかに注意信号を発していた。

そのほかにも、政策金利が12.0%と高くて個人投資家に人気の南アフリカは、インフレ率が10.9%。実質金利は1.1%しかない。
そのせいなのか、今年米ドルに対して15%も為替が下落していることがわかった。

といった具合。

これで見ると、新興国で実質金利がプラスなのは

ブラジルが6.67%、
トルコが5.65%、
ニュージーランドが4.85%、
オーストラリアが3.05%、
上述した南アフリカの1.1%程度しかないのにびっくり。

ほとんどが実質金利でマイナスに転じているのだ。

かつてインフレの代名詞みたいだったブラジルがすっかりインフレから脱却しているのにびっくり。
インフレ率5.6%は3年ぶりの水準というのだから驚きます。
ただGDPの伸び率が5.8%で現在の12.25%の政策金利をさらにひきあげて大丈夫なのかはよくわからないが。。

インドはインフレが11.6%に加速したため、政策金利8.5%を追い抜き、実質金利はマイナス3.1%。
ルピーも米ドルには9%程度下落している。

ロシアも実質金利はマイナス4.35%。
インフレ率が15.1%なので政策金利が10.75%では追いつかないためだ。
ただし産油国のためか、ルーブルは対ドルに対して強く。5%の上昇。
静かに金融資本もルーブルに急接近中です。

中国はインフレ率が意外と低くて7.7%、政策金利が7.47%なので、実質金利はマイナスとはいえ、0.23%程度。
人民元はあいかわらず対ドルレートを切り上げており、6.05%も上昇しています。

BRICsと言われますが、ここへきて各国の状況はかなり変わってきたんだなあとあらためて実感です。


日本は政策金利が0.5%、今週末発表のインフレ率はたぶん2%程度でしょうから実質金利プラス1.5%程度でしょう。

アメリカは政策金利が2.5%、インフレが5%程度ですから実質金利はマイナス2.5%程度。

ヨーロッパは政策金利が4.25%、インフレ率が4%強、実質金利は0.25%程度でしょうか。

世界中でインフレが猛威をふるっている中、
逆に猛スピードで下落トレンドが著しい日本の不動産市場は、今年の冬くらいから久しぶりの買いチャンスがくるのでは。。。

世界的なインフレトレンドの中、真逆の方向で、しかもものすごいスピードで価格を下落しているのは世界でも珍しい状況です。


もっとも金融機関はさらに一段と融資ひきしめを強化しますから、それまでにキャッシュを用意しなくてはなりませんが。。

当面は、きたるべく日本の不動産への投資機会に出動できるような原資をいかに短期間に捻出していくか、を考えていかなくては。

  by DIAZ
 DIAZさんこんばんわ!
いつも濃い情報ありがとうございます、参考になります。

>今のところ83円以下なら少しづつ買い増しと思っています。
>レバレッジは3倍以下。

レバ低めでロスカットにならない前提であれば85円割れは買い始めて正解だと思います。年間15円相当の金利がつくことを考えると、平均レートが80円前後になれば1年で大勝だと思います。

我慢の秋になりそうですが、自分との戦いになりそうですね。
  by guest
 コメント 
とても参考になりました。

トルコリラの買い場はやはり70円台ですね。
しかし85円くらいになると値ごろ感でつい買いたくなりそうです。
70円台まで我慢ですかね。

今のところ83円以下なら少しづつ買い増しと思っています。
レバレッジは3倍以下。

75円以下になったらかなり買いに行くつもりです。
レバレッジ少し高め。

60円台はいつごろ来ますかね。
2009年に来てくれればうれしいですね。

夏前の週刊ダイヤモンドに主要国の政策金利をまとめた記事があったので参考までに。

●週刊ダイヤモンド

これだけ世界的にインフレが猛威を振るっているのだから、
政策金利だけに目がくらんだら大変なことになる。

これによれば、新興国は実質金利がマイナスに転じている国が多い。

顕著な例はベトナム。
インフレ率が26.8%とすさまじく、政策金利が13.00%では実質金利は13.8%ものマイナス。
これではGDPも前年比7.4%しか伸びず、為替も米ドルに対して5%以上下落している。
年初から株価は一時60%以上も下落しており、あきらかに注意信号を発していた。

そのほかにも、政策金利が12.0%と高くて個人投資家に人気の南アフリカは、インフレ率が10.9%。実質金利は1.1%しかない。
そのせいなのか、今年米ドルに対して15%も為替が下落していることがわかった。

といった具合。

これで見ると、新興国で実質金利がプラスなのは

ブラジルが6.67%、
トルコが5.65%、
ニュージーランドが4.85%、
オーストラリアが3.05%、
上述した南アフリカの1.1%程度しかないのにびっくり。

ほとんどが実質金利でマイナスに転じているのだ。

かつてインフレの代名詞みたいだったブラジルがすっかりインフレから脱却しているのにびっくり。
インフレ率5.6%は3年ぶりの水準というのだから驚きます。
ただGDPの伸び率が5.8%で現在の12.25%の政策金利をさらにひきあげて大丈夫なのかはよくわからないが。。

インドはインフレが11.6%に加速したため、政策金利8.5%を追い抜き、実質金利はマイナス3.1%。
ルピーも米ドルには9%程度下落している。

ロシアも実質金利はマイナス4.35%。
インフレ率が15.1%なので政策金利が10.75%では追いつかないためだ。
ただし産油国のためか、ルーブルは対ドルに対して強く。5%の上昇。
静かに金融資本もルーブルに急接近中です。

中国はインフレ率が意外と低くて7.7%、政策金利が7.47%なので、実質金利はマイナスとはいえ、0.23%程度。
人民元はあいかわらず対ドルレートを切り上げており、6.05%も上昇しています。

BRICsと言われますが、ここへきて各国の状況はかなり変わってきたんだなあとあらためて実感です。


日本は政策金利が0.5%、今週末発表のインフレ率はたぶん2%程度でしょうから実質金利プラス1.5%程度でしょう。

アメリカは政策金利が2.5%、インフレが5%程度ですから実質金利はマイナス2.5%程度。

ヨーロッパは政策金利が4.25%、インフレ率が4%強、実質金利は0.25%程度でしょうか。

世界中でインフレが猛威をふるっている中、
逆に猛スピードで下落トレンドが著しい日本の不動産市場は、今年の冬くらいから久しぶりの買いチャンスがくるのでは。。。

世界的なインフレトレンドの中、真逆の方向で、しかもものすごいスピードで価格を下落しているのは世界でも珍しい状況です。


もっとも金融機関はさらに一段と融資ひきしめを強化しますから、それまでにキャッシュを用意しなくてはなりませんが。。

当面は、きたるべく日本の不動産への投資機会に出動できるような原資をいかに短期間に捻出していくか、を考えていかなくては。

DIAZさんこんばんわ!
いつも濃い情報ありがとうございます、参考になります。

>今のところ83円以下なら少しづつ買い増しと思っています。
>レバレッジは3倍以下。

レバ低めでロスカットにならない前提であれば85円割れは買い始めて正解だと思います。年間15円相当の金利がつくことを考えると、平均レートが80円前後になれば1年で大勝だと思います。

我慢の秋になりそうですが、自分との戦いになりそうですね。
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。